罫線セミナーの写真

東海大学の伊藤先生から、1月22日(金)に
開催させて頂いた
「デザインにおける罫線の効果的な使いかた」
講座の写真を送っていただいたので
紹介します(掲載許可も頂いております)

3.jpg

▲ダサい演者。ブサイクすぎる…

1.jpg

▲お客さんは総勢何人くらいだったんだろう? 20人くらい?

2.jpg

▲熱心にメモを取りながら聴いてくれた学生さんたち。
ほんとうにありがとうございます!!!

4.jpg5.jpg

▲スライドはシンプルです

6.jpg

7.jpg

なんだか偉そうに講演しているのが恥ずかしいです。
「自分は教える立場というより教わる立場だろ!」って感じなので。
講演が終わってからポートフォリオを持ってきてくれた学生さんとかいて、
アドバイスできそうなところはアドバイスさせて頂いたんですけど、
その「自分は教える立場よ(ry

とはいえ、前回の「書体セミナー」から引き続き参加してくれて、
「また講演するときは教えてください!」と言って下さる
学生さんもいたので凄くうれしかったです。

このような機会を設けて下さった伊藤先生&東海大札幌のみなさん
本当にありがとうございました!!!

広告

ロダンの前のロダン

フォントワークスには
「ロダン」と「ニューロダン」という書体がありますが、
その「ニューじゃないほうのロダン」にも、現行のものより
古いデザインのものがあるのは御存知でしょうか?
ここではそれを「ロダンの前のロダン」と呼ぶ事にします。

私がそれを知ったのは、タイプラボの佐藤豊さんが
過去にネット上で書かれていた、
週刊書体Watcher7」の記事からでした。
しかし、この記事からは、一部の文字しか見えません。
「ロダンの前のロダン」がどういう形をしていたのか、
はっきりとよく分からないのです。

しかし先日、1993年に発行された
「Goods Press(グッズプレス)」(徳間書店)に
載っていた広告で「ロダンの前のロダン」が使われていたので
ここに紹介します。

robin01.jpg

今のものと全く違いますね。バランスが恐ろしく悪い。
現行のロダンで打ったものを下に載せてみます。

robin03.jpg

下は広告の中にある本文です。これも「ロダンの前のロダン」。

robin2.jpg

現行ロダンに対する僕の感想は、
以前「ロダンという書体」という記事にまとめた通りですが、
某書の縦組み本文に使われているのを見て
「これは読めないな」と思いました。
ベタ組の本文に使う書体としては字面が大きすぎるし、
(これはモダンな書体の宿命。
ヒラギノ角ゴはちょうど良いんですが……)
漢字のバランスがとても悪いです(※個人の感想です)。

ただ、これはあくまでも「書籍本文では読めない」という話。
チラシやフライヤーの一部に使う程度ならアリかもしれません。

書体の善し悪しについて語るとき、
書籍の本文を中心に考えているのか、
チラシやフライヤーで使うことを前提に考えているのかで、
まるで意見が違ってくるのだと思います。
そのあたりが結構、ゴチャゴチャになっている
印象を受ける事がありますね。気をつけよう。

罫線セミナーを開催します

罫線セミナー_YouTube告知画像

来週の1月22日(金)16:40〜に、
東海大学札幌キャンパス(N212教室)にて、
講演会を開かせて頂く事になりました。

グラフィックデザインにおける
罫線の効果的な使いかた講座」というものです。
学生時代に研究したことをプレゼンさせて頂きます。
一般の方も聴講可能なので是非おいで下さい。

自分は「デザインと罫線」という
ブログも持っているのですが、
文章と写真だけで紹介・説明することに対しての
限界を感じていました。
なので、わかりやすいのは
動画がいちばん! というわけで、
YouTubeに予告動画をアップしてみました。
実際の講演会もこんな感じです。
さすがにBGMや効果音は、入りませんが(^^;;;

いちばん上にアップしたフライヤーで使ったフォントは
秀英丸ゴシックです。(欧文はProxima Nova Soft、約物その他は別)
最初はゴシック体も想定していたのですが、どうも硬くて目に痛い。
明朝は硬いというより堅い感じで気軽さが感じられない。
ならばと丸ゴシック体の登場です。
とても好きな書体を選んでみました。
フライヤーはだいたい2時間くらいでちゃちゃっと作ったものです。

YouTubeの動画に少し登場していますが、
スライドのデザインがあまりよろしくない感じです。
こういうのも少しずつ改善していきたいですね。