TypekitでJensonが使える!

西岡裕二さんが書かれているブログ「遠近法ノート」を読むと、Adobe製品にバンドルされている書体も、CSのバージョンによって違うようなのです。

遠近法ノート「CS3付属フォントについて」

以前インターンで訪問させていただいた会社が「Adobe Jenson Pro」を使っていたのですが、CS3以降にアドビソフトユーザーの私は、この書体が手元になくて、少しガッカリしていたんです。

しかし、AdobeCCを始めたところ、このユーザー誰もが使えるTypekitを通じて、Jensonを使うことができると分かりました。

Jenson

左から「Adobe Jenson Pro Display」「Adobe Jenson Pro Subhead」「Adobe Jenson Pro Caption」「Adobe Jenson Pro」(無印)で、左から3つはWebフォントだけの利用が可能、いちばん右はデスクトップ上でもWebフォントとしても利用が可能とのこと。

他フォントもちょくちょく使えるものがありますね。あっ、でも「Adobe Garamond Pro Semibold」はWebフォントでしか使えないのかあ……。

(追記1)なんでやねんDTPの大石さんのご指摘で、CS付属フォントリストがこちらにあるとの事。「Adobe Garamond Pro Semibold」はCS3にもあるみたいですね。じゃあCS3ユーザーである私の環境に無いのはなぜ?(^_^;) ディスクからインストールするのかな……。
(追記2)CS3のディスクにも無い模様。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中