セミナー終わりました

N212

7月22日に、東海大学札幌キャンパスで開催した「和文書体セミナー」、何事もなく無事に終了しました。N212教室の席もしっかりと埋まり、ノートにメモを取っている学生さんも見受けられて、講演者としては本当に嬉しかったです。多くの学生さんと一部の教職員の方々、一般の方が1名といったところでしょうか。

〈書体の種類〉では明朝体・ゴシック体・丸ゴシック体の違いを。〈大まかな書体の使い分け〉では大飯原発の判決が決まったときのハタにはどの書体が似合うのかという解説を。〈細やかな書体の使い分け〉ではひとつの作品の媒体における書体の使い分けを。〈写研とモリサワ〉ではこのブログに書いた記事と同じ内容を。〈オールドスタイルとニュースタイル〉では最近の丸ゴシック体に関する動向や、筑紫オールド・秀英体・築地体・黎ミン・TP明朝の紹介と、合成フォントの使いかた等の解説を。〈UDフォント〉ではモリサワ・イワタとヒラギノUDの違いを。〈書体の買い方〉ではパッケージ・ダウンロード版と年間ライセンス版の紹介を。〈良い書体とは〉ではデザイナーや識者による様々な見解の紹介を。あと先週になって急ぎで作った〈フリーフォント〉では「もじくみ仮名」や「IPAフォント」、そして最も旬な話題「Source Han Sans」の紹介を行いました。

オールドスタイルとニュースタイル

〈オールドスタイルとニュースタイル〉のところで、「この上2つと下2つのうち、どちらがイマドキだと思いますか?」という質問を聴衆(ほとんど学生)に投げかけたのですが、下2つを選んだ方が多かったです。最近はよく「若いひとたちはオールドスタイル(=上2つ)の書体を好む」という話があったのですが、今回はそうじゃなかったみたいですね。もちろん自分の訊き方や場の空気の問題もあるので、今回の話がどれだけ信ぴょう性あるものかは分かりませんが……。(ちなみに上から、筑紫A丸ゴシック・秀英丸ゴシック・スーラ・新丸ゴです)

懸念していたポスターですが、A4サイズがいちばん掲示されていたように思います。学生の履修に関するお知らせなどを掲示する場所にこっそり貼られていました。いちどネット上にアップした画像がそのままエレベーター前のモニタに転用されていたりも。これまで大学で作ったポスターは大体インパクトに欠けるものが多く反省していたのですが、今回はわりとうまくいった気がします。デザインそのものだけではなく、掲示場所とのバランスが良かったのかもしれません。

もうFacebookで散々書いた話題ではあるのですが、ブログという形できちんと残しておきたいので(タイムラインではすぐに流れてしまうので)、ここに改めて記させて頂きました。前回の記事をリツイートしてくださったり、告知してくださった皆さん、また当日会場に来てくださった皆さんに改めて感謝の意を表します。ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中