筑紫オールド明朝と壇蜜

以下の画像は、新聞(北海道新聞2014年1月13日日刊)にあった
書籍広告からの引用です。どうです、書体がぴったりでしょう?

はじしらず_JPEG

著者の壇蜜さんと言えば、

デビュー後はグラビアアイドルとして活動。2012年以降、多数のテレビ番組へ出演[3]バイセクシャルの公言[6]や、「脱ぐことは天命」[3]など、エロチシズムを感じさせるトークや独特な表現で認知度を増している。

――Wikipedia 壇蜜 2014年1月14日現在

と、お色気をウリにした芸能活動を広げています。

そして、広告に書かれた「壇蜜」という文字には
筑紫オールド明朝という書体が使われています。

壇蜜

この書体デザインを担当した、㈱フォントワークスの藤田重信氏は、「漢字のイメージは筑紫オールド明朝Rは「美しさとお色気」」と語っており、開発コンセプトと文字面のイメージが見事に合致した好例と言えるのではないでしょうか。(仮名タイトルには「たおやめ」という書体が使われています)

ちなみに、今年に入ってからリリースされた「筑紫オールドゴシック」には「喫茶店が似合うな」と思ってしまった自分。きのう放送されていた月9ドラマのタイトルにピッタリかもしれないなあ……とか思ってみたり。

失恋ショコラティエ